2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱりグーグルは凄かった! 【経営コンサルタント】


今日はカフェプレスという、Tシャツのドロップシッピングの会社に行ってきました!


この会社のビジネスモデルは、
Tシャツのデザインをドロップシッパーが考えて、
まず、ページにアップするんですね。

で、そのTシャツのデザインを気に入った人が、
そこでTシャツを注文すると、
カフェプレスがTシャツをプリントアウトして、
注文者に送る。
そして、その料金がデザインを提供した、
ドロップシッパーの手元に入る・・・とまぁ、簡単にいったら、
そいうビジネスで生計を立てているわけです。


「おい、そんなビジネス、儲かるのかよ!」


そう思いますよね?
私も、そう思ってました。

ところがですね。
すでに流通額で100億円を超えちゃっているような会社で、
アメリカでは絶好調なんですね。

だから、いろいろ話を聞きたくて、
わざわざアポとって日本から訪ねたんですが・・・・。





正直、あまり話が盛り上がりませんでした(泣)。





ええ、ちょっと私の提案が悪かったのか、
1時間ぐらいで「じゃあ」って感じで終わってしまいました。

うーん、あまりにも日本に馴染みのない商売だったから、
うまくメリットのある提案が出せなかったというのが、
敗因ですかね・・・反省。


でも、ある程度、アメリカで、この手の「オリジナルグッズビジネス」が
流行している理由はつかむことができましたし、
日本での、このビジネスの転換方法と成功方法は、
なんとなくつかめたような気がします。



ということで、今回の写真は会社の前で一枚って感じで締めさせてもらいます。
ええ、気を取り直している無理な笑顔にご注目ください。


CIMG0777.jpg



で、気を取り直して、次に行ったのが、
グーグルさんです。


グーグルは、今、世界中の企業から、
「見学をしたい!」という要望が入っていて、
知人を経由したり、ちゃんとした提案がないと、
なかなか中の方へは入れないそうです。

なんとか、今回はお仕事ということで提案書が通り、
グーグルで働く日本人とランチをともにした打ち合わせができるようになったんですが、



いやー、ウワサどおりステキなオフィスでした!



案内してくれたのは、
グーグルアースやグーグルマップを担当している
プロダクトマネージャーの河合さんと、
日本人で2番目にグーグルのシステム開発として入社したというガクさん
(うー、名刺を切らしていたらしく、名前でしか覚えていません。ごめんなさい)

CIMG0784.jpg



まずは、グーグルの食堂でランチを食べたのですが、
この食堂の料理はすべてが無料なんですね。

しかも、食堂の数はグーグルの中に全部で17箇所あり、
8000人ぐらいの社員が働いているそうです。


で、ウワサどおり、

犬を連れて歩く人
バレーをして遊んでいる人、
積み木で遊んでいる人、

と、みなさん自由に時間を過ごしています。はい。


でも、セキュリティのところはちゃんと厳しくて、
まず、グーグルの周辺は常にセキュリティ担当者がぐるぐると回っていて、
さらに、屋内の写真撮影はすべて禁止。
屋外でも、グーグルのスタッフが同行していないと、
写真撮影は一切できないようなルールになっています。

でね、やっぱりいろいろ聞いてきたんですけど、
グーグルって会社は、プロデュースしたり、セールスをしたりする人たちよりも、
圧倒的に開発者の人たちの意見の方が強いんですって。


だから、開発したくないサービスだったら「しない」
開発したいサービスだったら「作る」

と、まぁ、かなりハッキリしているらしいです。

あと、日本市場に関してですが、
もう少し、グーグルのサービスを日本向けに修正したほうが、
使い勝手がいいかなぁとも言ってましたね。

面白いことに、
「これは日本にはバカ受けするシステムだぜ!」
なーんて言って開発したら、
ぜんぜん、日本市場には受けなくて、
まったく関係ないアメリカやヨーロッパでバカ受けするケースが、
よくあったりするそうです。

ガクさんが面白いことを言ってましたが、
日本から輸入したビジネスやサービスを、
うまくアメリカ人向けに転向したら、
思いのほか、おもしろいビジネスになるんじゃないかって言ってましたね。


あと、携帯ビジネスについては、非常に興味を持っていました。
「携帯コンテンツなんて、日本人しかやらないでしょ?」って言ったら、
アメリカではアップルの「iフォン」がめちゃくちゃブレイクしていて、
それなりにアメリカ人も最近は携帯コンテンツで遊んでいるそうです。

完全にアメリカの携帯文化を変えちゃった品物らしくて、
これが日本に上陸したら、どうなるか楽しみでしょうがないって言っていました。

ただ、ビジネスモデルとしては、
「うーん、日本の携帯ビジネスはどうかなぁ・・」と、
いろいろな問題点を指摘してくれました。

まぁ、ここらへんから先は、やっぱり情報としてはシークレットなので、
続きは会員さんのニュースレターで書かせていただきますね。


あ、そうそう!
ヤフーとマイクロソフトの合併問題についても、いろいろ聞いてきましたよ。
コレに関しては、ちょっと面白い話が聞けましたので、
「タケウチ商売繁盛研究会」のニュースレターを読んでいる会員さんは、
楽しみに待っててくださいね!


で、その後、ランチが終わって、社内を見学させてもらったんですが、
中庭には、なぜかティラノザウルスの模型が展示されていました。

僕が案内してくれたグーグルの河合さんに、
「なんで、こんなところに恐竜の骨があるんですか?」と訪ねたところ、




「お腹がすいているみたいだったから、連れて帰ってきたんです」と、




ナイスなアメリカンジョークを飛ばしてくれました。



そのジョークを利いた後の、
僕のリアクションが、こんな感じです。


CIMG0786.jpg



と、そんなこんなで会社の中も見学させてもらって、
河合さんに見送られて、グーグルを後にしました。


いやー、とっても良い経験をさせてもらいました。
一番印象に残っているのは、意外にも「自転車通勤」の話です。


グーグルでは、自転車通勤をすると、
会社から1日5ドル支給されるそうです。

で、その5ドルを受け取った人はどうするかというと、
20箇所ぐらいある募金先の中からひとつを選んで、




そこに、この5ドルを寄付するんですって。






なんだか、僕はこの話が一番印象に残りました。
ちょっと、意識が違いますよね。
ビジネスとか商売とかの話ではなく、
生き方とか、考え方とか、大きな違いがあるように感じました。


あと印象に残ったのは、仕事に対するスタンスの違いですね。
「夜、社員は何時頃まで働くんですか?」って河合さんに質問したら、
「うちの会社は早いよ。夜7時まで残っているやつっているかなぁ?」って言われました。

で、早いですね!って驚いたら、
河合さんが笑って、こういうんです。



「残業していると仕事ができない奴だと思われてかっこ悪いんだよ」



うーん、
日本とはまるっきり逆の発想ですよね・・・。



と、そんなカルチャーショックを受けて、
グーグルを離れて、その後、シリコンバレーの中を、
フラフラとレンタカーで散策することにしました。


特に印象に残っているのは、
半導体を作っているインテルのミュージアム!


CIMG0791.jpg



このミュージアムの中では、バイナリーコードで遊べたり、

CIMG0793.jpg


シリコンで遊べたり

CIMG0794.jpg


ナノセカンドで遊べたり


CIMG0795.jpg




「面白くない」という印象が強く残りました。



ええ、久しぶりに「頭が痛い」と思える博物館でしたね。
おそらく98%の展示物が理解できなかったと思います。


うーん、シリコンバレー万歳です(意味不明)



ということで。
今日は早めにホテルに戻り、
ちょっと今日は久しぶりに早めに熟睡しようと思います!


明日はアップル社なんかを訪ねてこようと思いますので、
レポートを楽しみに待っててくださいね!




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kenrei1.blog50.fc2.com/tb.php/5-850e6fd2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

竹内謙礼

Author:竹内謙礼
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。