2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カンボジアに到着! 【経営コンサルタント】





と、いうことで、


ツアーの一行は、成田を出発して

ベトナムのハノイの空港についたわけであります。


IMG_1005.jpg


ちなみに、今回のツアーに参加しているのは、

ドロップシッピングの「もしも」のスタッフである、

実藤社長(左)ともしも大学副学長の佐藤氏(右)

IMG_1006.jpg


それと、同じくもしもの開発スタッフの森氏に加えて、

私、もしも大学学長の竹内と、

今回の選手権で、ドロップシッピングやアフィリエイトで

優秀な成績を収めたみなさんがご参加してくれました。



あと、前回のアメリカツアーにも参加してくれました、

ドロップシッピング優勝者の柿内さんも、

今年も優勝して、再びツアーに参加してくれました!


「柿内さん、記念に一枚、写真を撮らせてください!」


「きゃ~、竹内先生の写真も撮らせてくださいよ」



IMG_1009.jpg



と、いうことで、こんなお互いを写真で取り合うという行為の結果、

 訳アリで目線が入った主婦 のような写真になってしまいました。


あと、前回と引き続きツアーに参加してくれたのが、

ドロップシッピング選手権で準優勝した高橋さん。

IMG_1026_convert_20101102235249.jpg



前回、アメリカツアーに参加して、

パワースポットの「セドナ」で、

「来年の優勝者のツアーにも参加できますように」

と、お願いしていた高橋さんが、


見事、2年連続でツアーに参加!

おめでとうございます!


前回のアメリカツアーの内容はコチラ!


そんなこんなで、ワイワイガヤガヤ総勢8名のツアーなんですが、



成田発9:00で、2時間の時差で、ベトナムのハノイ経由で、

アンコールワットのあるベトナムの

シェム・リアップ国際空港に夜6:00頃到着。

国際空港といいながらも、ご覧の通り、

滑走路を、テクテクとターミナルまで歩かされてしまう始末です。


IMG_1013.jpg



 なんか旅行前から自由な雰囲気が漂いますね。 


そのまま、空港からバスに乗り、夕食のレストランに移動。

カンボジアの街中は、まだまだ発展途上といった雰囲気がありましたが、

レストランは、それなりに近代的ではありました。


IMG_1015.jpg



カンボジア料理が次から次へと出てきましたが、

基本、そんなにアジアンチックな料理が出てくるわけではありません。

野菜炒めや海苔のスープなど、比較的、食べやすい料理ばかりです。

ちなみに、カンボジアでは、

 「さつま揚げ」 がよく食べられているみたいです。

もちろん、日本のさつま揚げみたいに分厚いものではなく、

「油揚げ」みたいなさつま揚げなんですが、

日本人の舌に非常にあった食事ではありました。


そして何より、全ての食事がビールに合うのは、

酒飲みの私にとっては嬉しいことでしたねぇ~。



そう思言って、美味しくビールを飲みながら、

ふと、机の上に乗っている瓶ビールのラベルに目をやると・・・。


IMG_1016.jpg



「Angkor・・・アンコール?」

もしかして・・・これが佐藤君の言っていた、


 「アンコールワット」っていうものなのか? 

わざわざ、こんなビールを見るために、

日本から12時間もかけて、カンボジアに来たのか?


「・・・」


IMG_1019.jpg

 まぁ、どーでもいいや、そんなこと。 

アンコールワットがビールだろうが酒の肴だろうが、

全ての二足歩行の動物に乾杯です(意味不明)。



さて、そんなカンボジア料理を食べた後に行ったのは、

恒例の、現地のコンビニエンスストアの視察です。

IMG_1021.jpg



まず、日本でも有名なコアラのマーチを発見!


IMG_1022.jpg



しかし、袋をよーく見ると、




IMG_1023.jpg

「by熊コアラ」


なんやねん、 「熊コアラ」って・・・。

そんな生き物、日本にもいないよ。




さらに、コンビニの片隅の雑貨売場にあったのが、コレ。



IMG_1024.jpg

・・・マウスらしきものが、ピカチューらしきものに、

何かで繋がっていることまでは理解できるんですが、

これが一体、何を目的で使うオモチャなのか、

さっぱり分かりません!

(そもそも、オモチャなのか?)



あと、カンボジアの「水」がコレ。

IMG_1027.jpg


 ・・・なんでくびれてるんだ? 

ちなみに、ほとんどのペットボトルの水が、

こんな感じでくびれています。


あと、これはコンビニの棚で売られていた現地の「何か」。


IMG_1028.jpg



グルグルと渦を巻く・・・「何か」。


ラベルも何も貼ってありません。

もしかしたら、犬のエサかもしれないし、

そもそも、食べるものではない可能性だってあります。


一応、現地の通訳スタッフに尋ねたところ、



「お菓子かもしれない」



おいおい、 「かもしれない」 ってなんだよ!


って、文句も言いながら、一応、買って食べてみたんですが・・・。


うーん、「お菓子」っていうことは確かかもしれませんが、

甘くもなく、辛くもなく、すっぱくもなく、

プラスマイナス、ゼロって感じのお菓子でした。

ただの「片栗粉を固めたもの」っていう感じですかねぇ。

昔、縁日でやった「かたぬき」が、ただグルグルに渦巻いて、

まとめてみましたって感じのもんです。



と、こんな、くだらないお菓子の感想に5行も費やしているうちに、

本日の宿泊ホテルに到着。


IMG_1025.jpg



かなり豪華です!

正直、驚きましたね!



ホテルの周りは、まだ殺風景な田園風景ではありますが、

通訳のガイドの人も言っていましたけど、

あと2~3年もすれば、ホテル街の通りも一変するそうです。

道路もかなり、掘り返されていましたから。



「はーい、部屋割りをしまーす」


到着早々、ツアーの幹事の佐藤くんが部屋割りを発表。

一人ひとり参加者に部屋カギが渡されていきます。

ようやく、一人で部屋で伸び伸びできると思ったら、



「あっ、スタッフは全員2人部屋ですから」



と、幹事の佐藤くんから一言。


「分かっているよ、だから、俺にもカギを早くくれ!」

「いや、だからスタッフは二人で一部屋なんですよ」

「・・・言っている意味がわからないんですが?」




「つまり竹内さんは、実藤さんと二人で一部屋っていうことです!」




 おいおい、俺も「スタッフ」かい! 

考えてみれば、もしものツアーはいつもそうです。

「学長、学長」ともてはやされながら、

実際はアメリカでは運転手をやらされるわ、

ブログ更新の担当者として写真撮影を任されるわ、



これはスタッフ以外、何モノでもありません!


まぁ、もしもの社長と同室ということで、

学長のプライドはかろうじて保たれているので、

今回の佐藤くんの行為は、

市中引き回しの刑で許してあげることにしましょう。




まぁ、今回、同室になるもしもの社長さんである実藤さんは、

付き合いも長いですし、非常に常識のある大人な人です。

同室になっても、そんなに困ることはありません。

ポーターへのチップも率先して出してくれるし、

彼と同室であることは、まぁ、良かったとしましょう。



さて、部屋に入り、窓越しで外でも眺めようかと思ったんですが、

見てみると窓には明かりを求めて、羽虫や蚊がビッシリ
これでベランダを開けたら、大変なことになります。


そう思って、ベランダから離れて、目を放した隙に、

実藤さんが、テクテクとベランダに近づいて、



IMG_1029_convert_20101103001031.jpg

 「竹内さん、風が気持ちいいですよ!」 



そうほざきながら、

実藤氏、羽虫だらけの窓を全開!





 「わーーー、早く閉めろぉー!」 



って、絶叫したところで後の祭り・・・。


その日は、パソコンのモニターに大量の蚊や羽虫を貼り付けながら、

部屋の中で実藤さんと、二人で、パチパチと

溜まった旅行中の仕事をする羽目になりました・・・。


パソコンを叩きながら、実藤さんが一言、



 「なんか、東南アジアって感じですね!」 




お前が言うな、お前が。


と、カンボジアの夜は更けていくのでありました。


明日はアンコールワットだぞー!





今回のカンボジア、ベトナムツアー 記事一覧
<カンボジア編>
上海からカンボジアに変更!
カンボジアに到着!
あぁ、いとしきアンコールワットよ。
<ベトナム編>
ベトナムのビジネスは熱いぜ!




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kenrei1.blog50.fc2.com/tb.php/20-a68cf371
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

竹内謙礼

Author:竹内謙礼
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。